まずはトライ|健康被害を及ぼす鳩は危険!対策をして安心できる環境へ

健康被害を及ぼす鳩は危険!対策をして安心できる環境へ

まずはトライ

鼠

種類を見極める

対象空間にネズミが侵入したことに気が付くきっかけとしては、食品の一部が齧られていたり、ねずみ特有の形状、臭いの糞が落ちていたり、というものがあります。この状態が一度発生すると、たいていの場合は再度発生することから、早めの対処をする必要があります。ねずみ駆除の方法の第一は、その種類を見極めることであり、それぞれの特性に応じて、罠を仕掛けていくことが大切なのです。ドブネズミは地上、排水口から侵入することが多く、下部を中心に見て回り、侵入口を疑われた場所に、トラップを仕掛けるわけです。また、クマネズミのような上部の柱や電線などを伝って侵入できるようなねずみであれば、侵入口をまずは塞いで餌などの目的場所を中心にトラップを仕掛けることがねずみ駆除の手順になります。

粘着板が効果的

罠を仕掛けていくときには、スペースの中央あたりでは、まず捕獲することはできず、壁沿い、障害物沿いなど、身を隠せるような場所を選びます。これは、ねずみがそういった場所を好んで行動をしていることが理由で、仕掛ける罠は、粘着板が、ねずみ駆除によく使用されています。粘着板は、ネズミが通りやすい場所に仕掛ける際に、使いやすい形状になっており、折り目が付いているものは場所に合わせた形にして設置することもできます。これらは、大量に横並びに並べることもでき、通路一杯に敷き詰めることも可能で、とにかくねずみ駆除を、というときに効果が高い方法です。インターネットサイトで簡単に購入でき、安いということも魅力になっています。