健康被害を及ぼす鳩は危険!対策をして安心できる環境へ

状況把握が大切

はち

蜂が一匹や二匹いるだけでもその周辺に巣がある可能性があります。住宅などで蜂を発見した場合はその周辺に巣がないか確認するべきです。もし巣を発見した場合は巣には多くの蜂がいる事が予想されるので自分で退治するのではなく専門の業者に依頼するのが良いです。

もっと読む

まずはトライ

鼠

ネズミを見つけた場合には、その被害状況や環境から種類を特定し、その習性にあった対策をする必要があります。ねずみ駆除には、安価で融通の利く粘着板が効果も高く、便利で、インターネット販売サイトからも購入できることから人気です。

もっと読む

目に見えないところにいる

シロアリ

シロアリ駆除をする時にまず肝心になるのが巣を見つけることです。どこに巣があるのかが分かっているかどうかで駆除にかかるスピードはだいぶ変わります。いまは専門業者もいるので、依頼してスムーズに解決していきましょう。

もっと読む

フン被害は自治体に相談を

鳩

人と身近な鳥

鳩は人にとって最も身近な鳥で、神社や公園などいたる所で目にします。鳩は人が与えた餌や、道に落ちている食べ物を頼りにしており、あまり人間を怖がらない鳥です。身を隠す安全な場所や巣を作る場所なども、人間が住むマンションのベランダや高層ビルなどに多く見られ、人間社会を利用して生きています。そんな身近な鳩ですが、人に害を与える事も少なくありません。特に多いのがフン被害で、マンションのベランダや車にフンを落とされる被害が後を絶ちません。また屋外だけでなく、学校の体育館など出入りのしやすい建物に侵入してはフンを落として行きます。鳩はウイルスを運んでくる鳥としても知られています。フン被害だけでなく、ウイルス被害に遭わない為にも何らかの対策が必要になります。

行動パターンが理由

鳩が飛んで来ては、いつも同じ所にフンを落として行くという被害が多くあります。それは、鳩のしつこい習性に理由があります。鳩は1日の行動パターンが同じで、「周りが見渡せる高い場所」、「羽休みに止まる場所」、「餌取りの場所」、「寝場所」などを同じパターンで飛んで移動します。その際にフンも同じ場所でするのです。その為に、フンで山盛りになってしまう被害もよくあるのです。また鳩はフンがあることで、その場所を安全な場所と認識します。すると、毎日飛んで来てはフンをするのが決まり事となり、何らかの対策をしない限り被害は続いてしまいます。そこでフン対策として有効なのが、フンを放置せずにかたずけてしまう対策方法です。鳩はフンが無くなった事で安全確認が出来なくなり、徐々に被害は減少して行きます。現在ではその清掃や予防策を行なってくれる専門業者もいるので、なかなか解決しない場合は依頼してみてもいいかもしれません。